日本一留学している話

主に計10回の留学体験に関する記事を発信し留学の魅力を届けます! 「留学は感動の集合体」

感覚派vs論理派-英語を学ぶ2つのパターン

がっきーです!

現在タイ・バンコクインターンをしています!

 

最近英語が上手な人に英語をどうやって学んだのかよく質問しています。色んな人に質問をして、英語を上達させる、特にスピーキングの学習法が2パターンに大別されていると気が付いたので、今日はそのことについて話そうと思います。

 

f:id:gakki-ryugaku:20191113193746j:plain

 

 

 

2つのパターン

僕が色々な人の英語学習法を聞いて大別した2パターンは、タイトルにも書きましたがズバリ

 

感覚派と論理

 

です!

 

感覚派は英語の動画を見てネイティブの英語をそっくりそのまま真似したり、外国人の友達と英語で話してたら英語が身についたという人です。いわゆる音から耳コピをして学習する方法です。

この学習法で英語を上達させた方にAK EnglishのAkaneさんがいます。

 

www.youtube.com

 

Akaneさんはこの学習法を

 

「赤ちゃんが言語を学ぶ道」

 

と呼んでいます。

 

僕も耳コピでスピーキングを練習してみたのですが、全然身に付きませんでした(笑)。正直この方法には半信半疑でしたが、しかし最近色々な人に英語の学習法を聞いたところ一定数この方法でやっていて驚きました。

 

 

続いて論理派は文法や発音の仕方を理解し学んでいく方法です。僕はどちらの方法もためしたのですが、完全に論理派の勉強法があっていました。まずは英語を日本語で学んでそこからどんどんするという勉強法です。いわゆる日本の英語教育の内容をベースに、そこから発展させて学習していく方法です。

 

 

それぞれのパターンの特徴

ここからはそれぞれのパターンの良い点・悪い点について述べていきます。

 

まず感覚派についてです。

 

メリット

・発音がキレイ

・ネイティブっぽい話し方

・リンキング等を意識しないでやっている

 

感覚派の人はみんな発音がキレイです。少ししゃべっただけだと、ネイティブかと思うくらいの発音です。あと特に単語と単語がつながるリンキングがナチュラルに出来るのは凄いなーと思います。

 

デメリット

・以外にも文法がちゃんと出来ていない人が多い

・語彙力が思いのほかない

・感覚的に覚えるので、体得するまで時間がかかる

・感覚的に英語を体得しているので、どうやって身につけたのかを人に上手く説明出来ない

 

感覚派の人は最初はスゲーってなるのですが、話していくと意外に文法合ってなくね!?とか語彙力少なっとか思ったりする人もたまにいます。あと発音だけだと英語力がめっちゃ高いと勘違いされてハードルが上がる、と言っていた人もいました(笑)。

また英語どうやって勉強したのと聞いても動画をひたすら真似してたら出来るようになったと言う人が多いです。

 

f:id:gakki-ryugaku:20190518205254j:plain

 

次に論理派です。

 

メリット

・文法がしっかりしている

・1つ1つ理解しながら勉強するので、比較的上達するスピードが速い

・ある程度勉強するとパターンが見えてくるので応用がしやすい

 

論理的に勉強したひとは、英語の発音記号が全て分かるので、一度発音記号を覚えてしまえば多くの単語を正しく発音できるというのがメリットだと思います。

 

デメリット

・発音がネイティブみたいではない

・英語っぽく話せない(リンキングが上手に出来ない)

 

論理派の方法で学習すると、正直ネイティブのように話せるようにはならないと思います。そもそも言語習得プロセスが違うので。特にリンキングが論理派の人には難しいなと思います。ただ、非ネイティブの人がネイティブのように英語を話す必要はそこまでないと僕は思います。

 

 

まとめ

今回は英語を学ぶ2つのパターンについて話しました。僕の結論としては

 

人それぞれやりやすい学習法を見つけそれを徹底的にやり続ける

 

ということが大事だと思います。僕はどちらの方法も試しましたが、論理的に勉強するほうが合っていたので、その方法で学び続け上達させました。

 

ただ英語学習で一番大事なことは、以前からも何回も言っていますが、

 

続けること

 

です。英語が上手な人は相当な場数を踏んでいます(僕も人が思う10倍以上は英語勉強しています(笑))。

 

皆さんは感覚派と論理派どちらでしょうか?

自分に合った英語学習法を見つけて続けていきましょう!